新しいナリッジをお届けしたい

marosf
Kindleで読書をしている人にオススメのアプリ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

写真 2015-02-08 12 36 25
上の画像。私のガラケーの月額料金の明細表なのですが、何故か154円の請求がきています。
私は先日の記事(iPhoneを下取りに出して月額3円のドコモのガラケーをタダで手に入れた)に新たに契約したガラケーを月額料金3円(今年から2円)で使用できると豪語していました。
それが何故か154円もの請求がきていることに気付いてびっくりしました。月額2円で考えたらたった1ヶ月で77ヶ月分もの料金の請求が一括できていると同義です。普通の人であればクレームもんなこと間違いなしですが、温和な私は冷静に現実を受け止めて原因を調査してみました。

写真 2015-02-08 12 36 16
そこでまずはなめるように明細書をみてみました。すると「他社接続サービス通信料[FOMA]」というものに160円もかかっています。
無料通話は繰越分を含めて1,231円分適用されるはずなのに割引されていないことが分かります。

そこでぐぐってみると次のような記事が見つかりました。
無料通話枠がある携帯でナビダイアルにかけてはいけない

この記事を見れば全て書いているのですが、どうやらナビダイヤルというものにかけると無料通話分は適用されないようですね。
0570-0で始まる番号以外にも0180で始まる番号など他にもあるようです。
ナビダイヤルとは電話したときに「お電話ありがとうございます。~会社でございます。~をご用命の人は1番、~をご用命の人は2番、を押して下さい。」という感じのやつです。皆さんも一度はかけたことがあるのではないでしょうか。
ナビダイヤルのメリットはお客様が全国どこからかけても安い統一料金で電話をかけられるということで多くの企業が採用しているサービスのようです。
企業としてはお客様のことを考えて提供しているサービスだとは思うのですが、私の場合無料通話分に含まれないのであれば完全にありがた迷惑というやつです。

今後の対応策ですが、ナビダイヤルを提供している企業はナビダイヤルの電話番号とは別に固定電話の電話番号も別に用意していることが多いそうです。次回からは注意して固定電話の方に電話をかけるようにしたいと思います。


コメント