新しいナリッジをお届けしたい

marosf
Kindleで読書をしている人にオススメのアプリ!

img_main_001
今年になって「ふるさと納税」という言葉をよく目にするようになりました。なんとなく「自治体に寄付をしたら特産物がもらえてお得らしい」ということは知っていたのですが、「寄付をしないといけない」、「確定申告がどうたらこうたら」とかめんどくさそうな匂いがプンプンしていたので、ほったらかしにしていました。たまたま機会があって調べてみるとびっくり、予想以上に簡単で半日でできちゃいました。やったことは下記の3つだけです。これだけで、実質2,000円で三大和牛をもらえることになりました。
1.自分が寄付できる上限額を調べる
2.寄付する先(欲しいもの)を決める
3.寄付金を払って紙を送る


1.自分が寄付できる上限額を調べる

寄付はしようと思えばいくらでもできるので、「寄付できる」というと少し語弊があるのですが、ここで言っているのは、来年の税金が還付・控除される寄付金の上限額のことです。上限額は年収が多い人ほど多くなるのですが、詳しくは総務書のHPの表を参照ください。(ただし、医療費控除や住宅ローン控除などを受けている人は年収からその額を引く必要があるという点に注意してください。)
例えば、上限額が3万円の人が3万円を寄付すると、自己負担額2,000円だけで、残りの28,000円が来年の税金から還付・控除されることになります。だから、ふるさと納税で送られてくるモノは実質2,000円でもらえるという仕組みになります。また、1万円ずつ3つの自治体に寄付を行い、3つの特産品をもらうこともできます。(ただし、基本的には1つの自治体への寄付は「年1回」が基本です。)
ちなみに上限額のリセットは年末です。来年になると今年寄付した分はリセットされ、また来年寄付を行うことができます。ただし、自治体の受領証明書に記載されている年月日が年内である必要がありますので、年末ぎりぎりだと受け入れてもらえず来年分になってしまうこともあるらしいです。なるべく早めに(できれば11月中)にふるさと納税をすることをオススメします。

2.寄付する先(欲しいもの)を決める

さて、一番お楽しみな欲しいものを決めないといけません。寄付金のお返しとしてもらえるものは特産物だけでなく、宿泊券やゲームソフトやら入場券やらもはや何でもあります。「ふるさと納税」ってぐぐるともう星の数ほどの検索結果が出てきますので、調べてみてください。ふるさとチョイスというサイトがオススメです。このサイトでは全ての自治体の情報が載っており、このサイトからふるさと納税を申し込むことができます。また、一旦会員登録すれば何度も同じ情報を入力する必要がなくなるので、複数の自治体にふるさと納税を申し込む人にはとても便利です。
これでも決められないという方は、本屋さんにもふるさと納税でもらえるものがまとめられている本もたくさんありますので、一度読んでみてはどうでしょうか。私は各都道府県別に特産物が書かれている以下の本を参考にしました。
また、寄付したお金の使い道についても指定できる自治体もありますので、決めきれないという方はサービスを拡充させたい自治体を優先的に寄付してみるのも良いかもしれません。

3.寄付金を払って紙を送る

寄付先が決まれば後は簡単。お金を払って紙を送るだけです。お金の払い方は、現金で自治体の窓口で払う方法や、コンビニ払いとか自治体によって異なるのですが、一番驚いたのはクレジットカード払いができるということです。上記で紹介したサイトからクレジット払いも可能です。もちろんクレジットカードのポイントもつきます。ポイントももらえて、特産物ももらえるとか本当にお得感しかないですね。クレジットカード払いができる自治体は上記のサイトから簡単に検索することが可能です。意外とできるところが多すぎて逆にできない所を探すほうが難しいと思います(笑)。
また、「紙を送る」とはナンジャラホイですが、昨年までは確定申告時に手続きが必要でした。しかし、なんと今年から税制が改正され確定申告が不要となる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。これは「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」という紙をふるさと納税先に書いて送るだけです。(紙は送付してくれる自治体もあれば、ホームページで印刷して自分で送らないといけない自治体もありやり方はばらばらなので注意して調べてください。)これだけで、めんどうな確定申告をすることなく次年度の税金から勝手に控除されるようになりました。ただし、この制度を利用するためには確定申告をする必要のない人など、いくつかの条件がありますので注意してください。まぁ、普通の会社員であれば大丈夫だと思います。

今回私が申し込んだもの

さて、皆さん気になっているであろう、今回私が寄付をして返礼でもらう予定のものはこちらです!
p_3767bc16a5538ce369bbdd1c1f7d2a4000a1
但馬牛すき焼き用500g(兵庫県)
近江牛すき焼き用300g(滋賀県)
松坂牛すき焼き用300g(三重県)
そうです。日本三大和牛ですき焼きをするのです!こんな夢のようなことがふるさと納税を使えば、簡単にしかも安く実現できるんです。しかも私の出身地である関西に寄付ができて関西の自治体のサービス向上に貢献することもできて一石二鳥です。(但馬牛は神戸ビーフのルーツらしいです。あと、たぶん同時には届かないと思いますので同時食べ比べは無理かなぁと思っています。)
年内にやっていなければ今年分はもらえず損をするところでした。ぎりぎりでしたが間に合って良かったです。来年も楽しみにふるさと納税をしたいと思います。


コメント