新しいナリッジをお届けしたい

marosf
Kindleで読書をしている人にオススメのアプリ!

カジタククリーニング

いつの間にかすっかり暖かくなり、毎年恒例の衣替えの時期がやってまいりました。衣替えと言えば春服や夏服をタンスから引っ張ってきて、秋服や冬服と交換することももちろんですが、その前に数点はクリーニング屋さんに持っていく人も少なくないと思います。大量の衣服をクリーニング屋さんに持っていって、クリーニングが終わったら取りにいく。まぁ正直めんどくさいですよね。そこで、そのめんどくささを楽にしてくれるクリーニングサービスを試してみましたので紹介したいと思います。

カジタクとは

株式会社カジタクはイオングループの主に家事代行サービスを行っている会社です。家事代行以外にもエアコン、キッチン、トイレ、お風呂等の掃除や部屋の片付け、そして今回利用する宅配クリーニング等のサービスを展開しています。近年、共働き夫婦が増加傾向で、家事に費やす時間をお金で買うという意識が強まっており、急成長中の会社です。

保管付衣類クリーニングパックとは

今回、私が利用したのはカジタクの「保管付き宅配クリーニングサービス」です。カジタクが用意する袋に衣服を詰めて送るとクリーニングされて返ってくるサービスです。さらに、今回は「保管付き」の方を選びました。これは、最長9ヵ月間カジタクの衣類専用ルームにて保管してくれるサービスとなります。私はクリーニングよりも、この保管サービスに惹かれたことがこのサービスを利用しようと思った一番の動機です。冬服ってロングコートやダウンコートやセータや冬物スーツ等、かさばるものが多いですよね。家がめちゃくちゃ広ければ大したことないのかもしれませんが、賃貸マンションでは保管場所に非常に困ります。カジタクはその悩みを見事に解決してくれました。

保管付衣類クリーニングパックの料金

料金は以下の通り衣服の点数で異なります。また、ブランド品や高級素材専用のプレミアムサービスもあります。
カジタククリーニング

比較表は以下の通りです。注目して頂きたいのが、10点パックと15点パックではスーツの上下セットで2点ではなく1点とカウントしてくれるところです。注意点としては袋に入りきるだけという点ですので、15点パックを買っても10点しか入らなければ諦めないといけません。私は15点パックでギリギリ詰めたいものは詰めきりましたが、10点パックと15点パックの袋が同じサイズというのは少しおかしいのではないかと感じました。
カジタククリーニング

サービス利用の流れ

カジタククリーニング
大まかな流れはこの写真に書かれている通りです。
①衣服を詰める袋を買う
②申込書記入&梱包
③佐川急便に集荷依頼(往復送料は無料)
④クリーニング
⑤保管(最長9ヶ月)
⑥指定日にお届け

実際に試してみた

まず、カジタクの衣服を詰める袋を買います。WEBから注文もできますし、取扱店舗で購入することも可能です(主にイオンやビックカメラですが取扱いしていない店舗もあるのでご注意ください)。私は京都駅前のビックカメラで購入しました。

カジタククリーニング
こんな箱がお店の棚に吊られていました。予想以上に小さかったので店員さんに聞かないと見つけられなかったです。

カジタククリーニング
同梱物です。衣服を詰める袋と佐川急便の送り状(伝票)とカジタクの申込書等が入っています。

カジタククリーニング
衣服を詰める袋を開けた状態です。

カジタククリーニング
私が詰めたものは、スーツ3点と、

カジタククリーニング
ジャケット2点、コート6点、そして写真にはないですがハイゲージのニット・セーター4点です。

カジタククリーニング
申込書に「お届け希望日」を記載する欄があります。冬服が欲しくなりそうな10月末の土曜日にしました。

カジタククリーニング
とりあえず15点全て入れてみました。スーツが若干はみ出ていますが、上からギュッとおさえたら何とか閉まりそうです。

カジタククリーニング
無事に15点全て詰めることができました。後は、送り状を貼り付けて、佐川急便に電話して集荷日を伝えて取りに来てもらって完了です。とても簡単でした。

おわりに

初めて利用しましたが特に難しいと感じた点も全くなくスムーズにクリーニングを出すことができました。私は今回カジタクの袋をビックカメラまで買いにいきましたが、WEBで購入していたら一歩も家を出なくともクリーニングができます。毎年、あの重いコートやスーツを大量にクリーニング屋さんに持っていったのがバカらしく感じます。しかも、服をキレイにしてくれるだけでなく、保管もしてくれるのでクローゼットが非常にスッキリします。デメリットについても考えてみましたが、正直あまり思いつきませんでした。強いて言うならば袋にギュッと詰めて衣服が痛むことや、やや料金が高いことでしょうか。けれど料金に関しては、冬まで保管してくれるメリットを考えると私は安いと感じています。私のように冬服の収納にお困りの方にぜひともオススメしたいサービスでした。


コメント