新しいナリッジをお届けしたい

marosf
Kindleで読書をしている人にオススメのアプリ!



今までオブジェクト指向の本を何冊か読んだことがありますが、この本が一番読みやすく分かりやすかったです。

この本はオブジェクト指向の入門書です。クラスとは何か、という基本的なことから、実装方法まで書かれており、一通り網羅されている内容となっています。

書名に「C++による」と書かれていますが、実際にC++が書かれているのはコラムの部分と実装部分だけなので、C++を知らなくてもオブジェクト指向の概念は掴むことができます。

ただ、C++を知っていれば、このコラム、非常に興味深いものだと思います。

例えば、「newはヒープ領域上にクラスインスタンスを生成し、そのポインタを返す」とか、
「コンストラクタとデストラクタはいつ走るのか」とか「friendの仕組み」など、
普段何気なく使っているものの使い方ではなく仕組みを分かりやすく解説してくれています。

私はこのコラムを読んで、いかに自分がC++を書く時に、表面だけをなぞっていたかがよく分かりました。^^;

ボリュームは結構ありますが、頭にスラスラ入ってくるような文章ですので、難なく読めると思います。
オブジェクト指向について学びたい人は、この本をオススメします。


コメント