新しいナリッジをお届けしたい

marosf
Kindleで読書をしている人にオススメのアプリ!



IT雑誌のSoftwareDesignの総集編が発売しましたので、ついでにWEB+DB総集編も入手しました。

両雑誌とも技術情報誌なのですが、IT初級者でも分かるように書かれており、お気に入りの雑誌です。

「お気に入りの雑誌とはいえ、新しいものが好きだから過去のものには興味を持てないかも。」と思っていたのですが、「読んでみたい!」と思える記事のタイトルが多数あったので、私が気になった特集のタイトルを挙げたいと思います。

SoftwareDesign総集編2001→2012


2001年1月号 PC UNIXコマンドラインテクニック
2001年2月号 UNIXプログラミングツールをマスターせよ
2001年5月号 Linuxハードウェア体験2001
2001年8月号 Linuxカーネル2.4の挑戦
2001年10月号 Apacheでゼロから作るWebサイト
2001年12月号 知っておきたいProxyサーバ活用ガイド
2002年5月号 WindowsでわくわくUNIX体験
2002年6月号 KDEで始める快適PC UNIX生活
2003年1月号 ファイルサーバのある新生活
2003年4月号 Linuxカーネル大研究
2003年5月号 スキルアップUNIX
2003年9月号 基礎から学ぶシェル&シェルスクリプト
2005年11月号 インターネットの過去・現在・未来
2006年11月号 快速Python入門
2008年2月号 Emacsマスターへの道
2008年4月号 Git徹底活用ガイド
2008年5月号 基礎から学ぶOSのしくみ
2008年7月号 今日からはじめるファイルシステム
2008年10月号 UNIXプログラミングツールをマスターせよ2008
2009年7月号 CPUの使い方
2009年8月号 Webサーバ設定/管理大全
2009年11月号 分散バージョン管理入門
2009年12月号 教えて!Linuxカーネルのしくみ
2010年1月号 コードを読む技術
2010年2月号 無線LANの正しい使い方
2010年8月号 きれいなコードを書くための17の約束
2010年11月号 リモートデスクトップ徹底活用レシピ
2011年4月号 エンジニアライフに必ず役立つバイナリの読み方
2011年5月号 Vim&Emacsをちゃんと使えてますか?
2011年7月号 開発現場で使うべきMac OS X
2011年9月号 トップエンジニアのお薦め本55
2011年12月号 エンジニアの能力を引き出すMac活用術
2012年3月号 エンジニアだからできるハック
2012年7月号 VimとEmacs
2012年7月号 もしも、新卒女子SEが「アジャイル」をマスターしたら
2012年8月号 エンジニアのパワーアップ読書
2012年9月号 C言語のポインタは必要ですか?
2012年10月号 Chef入門
2012年12月号 Nginx構築・設定マニュアル

Web+DB PRESS総集編Vol.1~60


Vol.9 Apacheモジュール超入門
Vol.12 IISチュートリアル
Vol.21 データベース設計の基礎知識
Vol.22 サルでもわかる逆引きデザインパターン
Vol.24 そのとき、コンサルは何を考えているのか?
Vol.26 本日開講!新人SE誌上研修
Vol.34 【速習】Webアプリ認証
Vol.35 【速習】コードリーディング
Vol.38 無駄なコードを書かない技術
Vol.39 バッチアプリケーション開発の第一歩
Vol.40 ソフトウェアパターンの基礎知識
Vol.42 アルゴリズム&データ構造【最新】入門
Vol.46 【速習】Python
Vol.49 現場で役立つDRYの基礎知識
Vol.55 設計を実装に活かす技術
Vol.58 Emacs活用∞(無限大)
Vol.58 HTML5☓CSS3革新ビフォーアフター
Vol.59 【実践】大規模データ分析
Vol.60 プログラマが知るべき言語設計の基礎知識

大量です(笑)これだけあれば、買って損はなかったなと思います。

これぐらいのボリュームがあるにも関わらず、2冊合せて5,000円弱とは破格の値段ですね。
全部iPadに入れようと思ったのですが、全部を入れるとなると5.6GBもあるので、
ポゴプラグ(Pogoplug mobile POGO-V4-A1-01 並行輸入品)を使った2TBのクラウドストレージに全部放り込んで、小飼弾さんのようにHTTP経由で読もうと思います。

HTTP経由だとダウンロードに時間がかかって、すぐに読むことはできないので、どうしてもローカルに残しておきたいと思う特集は画面キャプチャ機能を使えばいいかなと考え中です。

iPadは常に持ち歩いているので、時間の合間を活用してゆっくり読みます。


コメント