新しいナリッジをお届けしたい

marosf
Kindleで読書をしている人にオススメのアプリ!

「落語」というとどういうイメージをお持ちでしょうか?

私の場合は、「堅そう」、「知識がないと何を言っているのか分からなさそう」、「若者とかいなさそう」というイメージを持っていました。

そんなイメージを持っていたのですが、たまたま雑誌で見つけた新宿末廣亭が紹介されていた記事に興味を持ったので、勇気を出して行ってきました。

写真 2014-03-01 21 16 40

ここ新宿末廣亭では昼の部(12:00~16:30)と夜の部(17:00~21:00)があり、料金は3000円です。また、毎週土曜日には若手が公演する深夜の部(21:30~23:00)がありまして料金は500円です。

私は落語を聞くのが初めてでしたので、「長時間聞いていられるか不安」、「失敗したら3000円はちょっと痛い」という思いがありました。
ですので、1時間半で500円という深夜落語がちょうどいいなと思い行って参りました。

チケットは21時から当日販売のみです。10分前ぐらいに向かいましたが既に狭い路地に長蛇の列ができており、入れるのかな?と不安になりました。ただ、会場がとても広いので深夜寄席で満席で入れないという心配は不要でしょう。

深夜公演の公演者は4名。東京に現存する落語家団体、落語芸術協会、落語協会、立川流、円楽党の新進気鋭若手二ツ目、各1名ずつ計4人が公演してくださいます。

会場は自由席でしたので、せっかくなので前の方に座り、公演が始まるまでドキドキしながら待っていました。
いざ公演が始まると、予想していたものとは全く異なり、公演者が若いということもあり非常にカジュアルな雰囲気でした。
古典落語も全然難しくなく、事前知識なんか全く不要。あれだけ不安がっていた自分が恥ずかしくなりました。

やっぱり噺やさんは話し方がめちゃくちゃうまいですね。人を引きつける話し方に感動しつつ大笑いしていました。1時間半は本当にあっという間です。

演目が終わるたびに常連さんっぽい人たちが「よかったぞー!」と声援を送っていて、地元の人たちが噺やさんを育てているという伝統的な雰囲気がありました。まさか、新宿という大都会にこんな昔ながらの場所があったとは思いもよりませんでした。

新宿でお腹いっぱい晩御飯を食べたあとに、深夜落語で大いに笑って消化してはいかがでしょうか。ワンコイン以上の価値は絶対にありますよ♪
新宿末廣亭深夜落語


コメント