新しいナリッジをお届けしたい

marosf
Kindleで読書をしている人にオススメのアプリ!

今年はタブレット型端末がたくさん市場に出回って、もう何がなんだか分からなくなってきましたね。

iPad,Surface,Nexus,Galaxyなどのタブレット端末に加え、

楽天のkoboやアマゾンのkindleなど、電子書籍専用端末も色々と出てきました。

私も、流行に乗り遅れまいとiPadとkindleを購入しましたが、このことについてよく聞かれることがあります。

それは、「iPadでも電子書籍は読めるのに何でkindleも買うの?いらんやん(*´艸`*)」ということです。

こういうことを冷ややかな目で言われると非常に悔しいので、いつも私は以下の3点を言い訳に使っています。

①軽い
kindleはiPadと比べると格段に軽いです。

私は最近姿勢を気にしていまして、本を読む時もできるだけ、背筋をぴんと伸ばして読書をしたいのです。

しかし、iPadだと重くて片手で持てない。仕方なしに机に置いて読むのですが、当然猫背になってしまいます。

机がなければ、読むこと自体を諦めてしまいます。

kindleだと片手で楽々。どこでも姿勢正しく読書をすることができます。

②小さい
kindleはiPadの半分ぐらいの大きさです。これが意外と快適です。

私は人とか電車を待つときは1分でも時間があれば本を読みたいと思うほどの活字中毒です。

ですから、本を読むときはカバンからサッと出せないとだめです。

iPadだと大きくてカバンからサッと出すことは難しい。

iPadはサッというよりはガサガサ ガバっって感じです。

これだと1,2分の間にカバンから出そうという気になりません。

kindleはこのわずかな時間を快適な読書タイムで埋めてくれます。

待つ時間も積み重なれば長い時間です。この無駄な時間こそ有効に使いたいです。

③読みやすい
これが私がkindleで電子書籍を読む一番の理由なのですが、iPadだと何故か本を読む気がしないのです。

この疑問に対して、私の友人が教えてくれたのですが、

iPadで読む電子書籍とkindleで読む電子書籍では、内容の理解のしやすさが異なるみたいです。

その研究内容がこのサイトに書かれているのですが、

簡単に説明しますと、iPadのような液晶ディスプレイは右脳に作用し、kindleのような電子ペーパーは左脳に作用します。

人は感情的なことは右脳で捉え、論理的なことは左脳で捉えます。

要するに、小説のような情緒豊かなものはiPadで読むことが適していて、ビジネス書や技術書などはkindleが適しているということを言いたいわけです。

私はkindleで、小説ではなく主にビジネス書や技術書を読もうと思っています。

もちろん個人差はあると思いますし、理解力・読解力のある人は特に問題はないのかもしれません。

ですが、私のように本を読み返すことが多い理解力のない人間が、さらに上記のハンデを背負うととてもとても読めたものではありません。

今、私はkindleを手に入れて読書をしていますが、iPadと比べると非常に快適に読めています。(①,②も影響していると思いますが)

以上の3点が私がiPadではなくkindleで電子書籍を読む理由です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。


コメント